エアコンの内部清掃は、専門業者に任せよう

ダスキンエアコン清掃

冬の到来を前に、自宅のエアコンの内部清掃を業者の方へお願いしました。

入居して1年、カビ臭く使えなかったエアコンですが、復活しました。

内部清掃は、早めにお願いしましょう。

エアコンの内部はカビるんです。

なんかカビ臭い。

今のところへ引っ越して1年。

エアコンは2台設置してありますが、リビングは前に住んでいた方の時から設置してあったエアコン。

製造年月日を見ると10年経過。(会計上の耐用年数は過ぎていますね。笑)

入居当時リビングのエアコンを冷房運転でつけて掃除をしていると、カビ臭い感じが。

そのエアコンが原因かわかりませんが、その後1週間高熱が続きダウンしました。

そこから怖くてリビングのエアコンが使えず、ホットカーペットと小型のセラミックヒーターで冬を、寝室のエアコンとサーキュレーターで夏を乗り切りました。

サーキュレーターで部屋の空気を循環させよう!

2017.07.02

フィンとファン

エアコンは、カバーを開けるとフィルターが設置されています。

通常の掃除だと、このフィルターを洗います。

そのフィルターの奥にあるのが、「フィン」です。

このフィンは、空気を温めたり、冷やしたりするためのものです。

もう一つ、「ファン」というものがあります。

これは、空気を送り出す送風口の奥についています。

これが回転することにより風が押し出される仕組みになっています。

この両方にカビが発生することがあります。

清掃は専門業者に

フィルターの清掃は自分でもできますが、フィンとファンの清掃は素人ではまず無理です。

フィンの横には電子基板が設置されているので、ここに水や洗浄液が掛かると故障の原因になります。

今回は、ダスキンさんへお願いしました。

ダスキン

料金

  • 壁掛けタイプ(自動お掃除機能なし)…12,960円
  • 抗菌コート…2,160円

参照:ダスキンHPより

エアコン周りの机や壁などを養生し、エアコン本体のカバーを取り外し、電子基板などにも養生をしてから作業を開始していました。

高圧洗浄機など専門の道具を使い、内部洗浄。

とても素人には出来そうにないなと。(;^_^A

1時間程度で清掃は終わりました。

その後、内部を乾かすため15分程度暖房運転。

以前とは見違えるほど、カビ臭い臭いはしなくなりました。

夜はエアコンをつけて過ごしてみましたが、エアコンはやはり快適ですね。笑

自分でもできるけど。

引っ越し当時、まずは自分でやってみようと思い、市販されているエアコン掃除用品を購入しやってみたことがあります。

もともとかなり汚れていたようで、市販の掃除用品でもかなり汚れが落ちましたが、カビ臭さまでは除去できませんでした。

表面はきれいにできますが、内部までは市販の掃除道具では難しいようです。

ダスキンの清掃に来られた方も、「高圧洗浄機」を持参していたので。(道具のレベルが違いますね。)

自分でもできますが、やる場合はちゃんと電子基板に洗浄液がかからないように、しっかり養生してから行うようにしましょう。

まとめ

やはり専門業者の方に掃除をしてもらうと、仕上がりが全然違います。

これで冬も快適に過ごせそうです。

自分でもできますが、大した効果が出ず、損することもあります。

去年自分でやったとき、何本か購入してやってあまり効果が出なかったので。(1本3,000円程度。2本買ったので6,000円はかかった記憶があります。)

エアコンの内部清掃は、エアコンの稼働シーズン直前が混みます。

早めにお願いするようにしましょう。

《編集後記》

同時期に買ったビジネスシューズの片方の底がすべて壊れました。

歩き方が悪いのか、バランスが悪いのか。。。

歩き方改善せねば(;^_^A



ダスキンエアコン清掃

クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!