【GoogleAdSense】アフィリエイト報酬の確定申告をしよう!

審査通過

こんにちは!税理士の山川(@Yamakawatax)です。

ブログのGoogleAdSenseの収入が少々発生しているので、確定申告で一緒に申告が必要です。

確定申告で必要な、GoogleAdSenseのページの見方をまとめてみました。

確定申告が必要な場合と、不要な場合

サラリーマンの方で、年末調整で所得税の精算が完了している方は、アフィリエイト報酬の所得の金額が20万円以下であれば申告をしなくても問題はありません。

住民税には、この規定はないので別途住民税の申告をする必要があります。詳しくは↓の記事を参照!

私のような個人事業主で、確定申告が必要な場合には、たとえアフィリエイト報酬の所得の金額が20万円以下であっても事業所得と併せて申告をする必要があります。

詳しくは、HPの記事へ!

参照:副業20万円以下は申告不要?申告が必要なケースもあるのでしっかり確認しましょう!

参照:確定申告すれば還付になる場合、副業も含めて申告しましょう!

参照:副業の20万円以下とは?~収入?所得?~

GoogleAdSense

売上に計上する金額

このブログでも微々たるものですが、入金される程度の収入が発生しました。(最低送金基準額は、8,000円。)

送金基準に満たないと、広告収入が発生していても自分の口座に入金されません。

入金されたタイミングで、売上となるのでしょうか?

たとえ入金されていなくても、報酬が発生しているのであれば、売上として認識し確定申告する必要があります。

入金=売上ではないので、注意が必要です。

GoogleAdSenseに限らず、Amazonアソシエイトや他のアフィリエイト報酬でも同様です。

GoogleAdSenseの見方

STEP1

AdSenseの見方①

設定→お支払いをクリックします。

STEP2

AdSenseの見方②

ご利用履歴の取引を表示するをクリックします。

STEP3

AdSenseの見方②

右上にある集計を、「収益」、「前年」にセットします。

※プリンターのマークの左のダウンロードボタンをクリックすると、参照しているデータをCSV形式でダウンロードすることが出来ます。

雑所得として申告するのであれば、年が明けたこの時期に、年間のAdSenseの収入を集計し、AdSenseに係る必要経費を集計するくらいでいいのではないでしょうか。

まとめ

実際にGoogleAdSenseをやることで、サイトの見方が分かったり、収益の発生のタイミング、入金のタイミングがわかるようになりました。

やってみて初めてわかることも多いですね。

副業の20万円以下はすべての方が申告しなくていいと、勘違いされがちな部分でもあるのでしっかり要件を確認し、自分が必要なのか、必要でないのか確認しましょう!(詳しくはHPの記事へ!)

《編集後記》

この時期は、勤務時代と比べ量が少ないとは言え、デスクワークが多くなります。

肩こりは色々なところに支障をきたすので、肩甲骨を良く動かすようにしています。

昔は肩こりなんて何それ?みたいな感じでしたが、歳ですね(;^_^A



審査通過

山川喜彰税理士事務所


クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!