【行ってみたい場所】しまなみ海道

海(屋久島にて)

今年行ってみたい場所は、しまなみ海道です。

海外より国内派(特に温泉地)なので、47都道府県を完全制覇するべく旅行プランを計画中です。

しまなみ海道とは

瀬戸内しまなみ海道は、広島県尾道市と愛媛県今治市を結ぶ全長約60kmの自動車専用道路で西瀬戸自動車道、生口島道路、大島道路からなります。この道路は、尾道市の一般国道2号バイパス及び今治市の一般国道196号バイパスに接続し、瀬戸内海に浮かぶ芸予諸島の島々を橋で結びます。新尾道大橋以外の各橋には、原動機付き自転車道及び自転車道・歩行者専用の道路が整備されていて、眼下に多島美を眺めながらサイクリングも楽しめます。
引用元:本西高速 しまなみ海道とは

しまなみ海道は、サイクリングの聖地とも呼ばれており自転車に乗る人なら誰でも一度は憧れる場所だそうです。

尾道から今治までの島々を橋で結んでおり、サイクリングをしながら綺麗な景色をみることが出来ます。

しまなみ海道に行きたいと言い出したのは奥さんですが、ネットで情報収集しているうちに自分も行ってみたくなりました。

アクセス

しまなみ海道へのアクセスは、広島県尾道側からのアクセスと愛媛県今治市側からのアクセスがあります。

  • 東京から尾道まで

東京駅から新幹線で福山駅まで行き、そこから山陽本線に乗り換え尾道駅へ。

東京からだと4時間半くらい。

  • 東京から今治まで

東京駅から新幹線で岡山駅まで行き、そこから予讃線に乗り換え今治駅へ。

東京からだと6時間くらい。

しまなみ海道でしたいこと

しまなみ海道ではサイクリングをしながら観光をしてみようと。

海、島、橋の雄大な景色を見ながらのサイクリングが目的です。

尾道―今治間は、全長約70kmあり、島と島を橋で結んでいるため、道中はアップダウンもあります。走り堪えがありそうです。

途中の島にも観光名所があるため、サイクリングをしながらだと、1泊2日程度を見込む必要がありそうです。

参考:自転車での走行時間

本気ライダー…約3時間
早い人…約4~5時間
体力に自信のある人…約5~6時間
初心者…約8~10時間
引用元:モデルコース SHIMAPしまなみ海道観光マップ

とは言え、私も奥さんも自転車にこそ乗れますが、ここ数年は自転車に乗っておらず。。

乗っていても「ママチャリ」なので脚力に不安が。笑

しまなみ海道に行く日程を決めたら、土日は自転車を借りてサイクリングのための体力作りをします。

バイクで走っても気持ちいいかもしれませんね。

橋をのんびり走って、島を抜けるのに適度なワインディングもありそうなのでバイクもいいなぁと思ったり。

行くとしたら奥さん(バイク免許なし)と一緒なので、自転車で自分で走りたいという奥さんに合わせサイクリングを選択します。

観光・食事

しまなみ海道で見てみたいもの・食べてみたいもの

  • 観光名所

島にかかる数々の橋(特に、来島海峡大橋)

大山祇神社

亀老山展望公園

  • 食事

尾道ラーメン(尾道と言えば)

海鮮丼(お食事処 大漁)

  • お土産

今治タオル

はっさく

まだまだ情報不足です。笑

まとめ

旅行のプランを立てるのは楽しいですね。

これから観光ガイドを買ってじっくりしまなみ海道について

調べて行こうと思います。

《編集後記》

独立に向けてドロップボックス、ワンドライブ、Googleドライブの用途の整理。



海(屋久島にて)

クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!