IT活用

MFクラウド会計・確定申告を使ってみよう~連携編~

MFクラウドトップデータ連携編

MFクラウドのアカウントの登録が完了すると、次に「データ連携しましょう」と促されます。

ここでは、どのように連携するのか確認していきます。

データ連携とは?

クラウド会計と呼ばれる会計ソフトを使う最大のメリットは、「データ連携」ができるということです。

銀行の取引明細やクレジットカードの利用履歴、レジの売上情報などを自動で取得し、会計ソフトへ連携させることが出来ます。

今までは、通帳を見ながら1行づつ会計ソフトへ手打ちしていたものが、連携することによりすべて自動で取り込まれます。

かなりの時間短縮になります。

MFクラウドもデータ連携が可能なので、連携できるものは連携していきましょう。

自動取得できるもの

MFクラウドでは、ネットバンキング、クレジットカード、電子マネー、通販サイト(ASKULやAmazon)、ビジネス(AirレジやECサイト)の情報を取得することが出来ます。

1.ホーム画面(データ連携)

MFクラウドのホーム画面の、「データ連携しましょうの詳細はこちら」をクリックするか、

2.データ連携(メニューバー)

ホーム画面左のメニューバー「データ連携」→「新規登録」をクリックします。

3.連携メニュー画面

連携可能な金融機関が表示されるので、使っている金融機関を選択していきます。

4.口座連携する場合

ネットバンキングを登録する画面ですが、お客様番号やログインパスワードをいったものを入力していきます。

また自動取得対象の開始日は、

  • 取得可能なデータをすべて取り込む
  • 開始日以降のデータを取り込む

と選択することが出来ます。

取込日まではExcelでインポートしていた、手で入力していたといった場合に、全期間取り込んでしまうと二重取込になってしまうため「開始日」を指定して取り込むことが出来ます。

開業したて、設立したてで全く入力していない場合には、「取得可能なデータをすべて取り込む」を選択しましょう。

ネットバンキングやクレジットカードにログイン出来るようにしておきましょう。
MFクラウドのデータ連携を使う場合、ネットバンキングやクレジットカードのインターネット版にログインできる必要があります。

データ連携をする場合には、事前にID、PWを取得しておきましょう。

金融機関やクレジットカード会社によっては、ログイン用のIDやPWの発行に時間がかかることもあります。

5.登録状態の確認

無事に連携が完了すると、取得状態が「正常」と表示されます。

連携後のデータの登録は次回確認していきます。

手動で取り込むもの

現金取引や社長が立て替えたものなどは、残念ながら自動で取り込むことが出来ません。

ですが、直接会計ソフトへ入力する必要はなく、MFクラウドに取込用のExcelがおいてあるのでそのExcelを使っていきます。

取込用のExcelは、「おこづかい帳」のような簡易なものなので、簿記を知らなくても使うことが出来ます。

1.手入力する場合

ホーム画面左のメニューバー「データ連携」→「新規登録」をクリックし、右下の方にある「エクセルに手入力した取引明細」のインポートをクリックします。

2.Excel手入力

エクセルに手入力したものを取り込むためのメニュー画面が表示されます。

3.連携Excel用インポート

テンプレートをダウンロードします。

  • 取引明細
  • 取引明細(残高表記あり)

の2種類をダウンロードすることが出来ます。

現金の残高を把握しながら入力を行う場合には、「取引明細(残高表記あり)」をダウンロードしましょう。

4.インポート用Excel残高表記あり

Excelを開くと、シンプル?な出納帳が表示されます。

入力する項目も、

  1. 日付
  2. 摘要
  3. 入金or出金

を入力するだけなので勘定科目に悩む必要もなく、使えるものになっています。

5.取引明細に名前を入れる理由

取引明細には、事務所名や勘定科目を記入することが出来ます。

複数の取引明細や複数の事業所を使い分けている場合には、取込間違いを防ぐためにも記入しておきましょう。

取込画面で事務所名や勘定科目が一致していないとエラー表示が出ます。

6.取込画面

取込画面で、該当するExcelを選択し、インポートを行うことでExcelに入力した内容がMFクラウドに反映されます。

取込後のデータ登録は、次回以降確認していきます。

取引の流れを把握しよう

クラウド会計は、データを連携が出来ることが最大のメリットです。

  • 現状すぐデータ連携できるものがあるか
  • 現金から電子マネーに置き換えたら自動取込が増えるか

など取引の流れを把握し、データ連携に乗せられるものはどんどん乗せていきましょう。

まとめ

今回は、データ連携について確認しました。

データ連携には、ネットバンキングやクレジットカードのIDやPWが必要になります。

意外と取得までに時間がかかるので、事前に準備しておきましょう。

次回は、データの登録について確認していきます。

ABOUT ME
よっしー
30代税理士です。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!