2019年の確定申告シーズンを終えてみて~反省と今後~

確定申告シーズン




こんにちは!トリシティ税理士の山川です。

独立して2回目の確定申告シーズン。

ゆっくりとしか事業を大きくしていくことが出来ない税理士ですが、今回はそこそこご依頼をいただけたのかなと。

勉強になったことも、失敗も反省もいろいろあったシーズンでした。笑

来年の自分に向けて記録しときます!

受注量、大丈夫?(自分のキャパは大丈夫か?)

新規での受注が多かったのと、作業量の読みが甘かったというのが今回の反省点。

月次顧問の会社も12月決算に偏っていて、1~3月まではてんやわんやでした。

ほぼ事務所にこもって作業してました。

おかげで「Googlehome mini」を購入するきっかけになりましたが。笑

結果として申告期限ギリギリまでかかった申告はありませんでしたが、かなり遅くまで作業をしていました。(1件だけ還付申告なので、後でやります。笑)

受注量としては、これで限界くらいだったかなと。

幸い、毎週末土日は銭湯に必ず行くという習慣をつけたので、風邪も引かず、肩こりも悪化せず、身体は限界を迎えず無事でした。

1件だけ、確定申告の案内を出して、提出期限までに提出がなかったので連絡したら、「別の税理士に頼みました」というビックリするようなキャンセルを受けましたが。

今の自分での受注量の限界と、受注の仕方、報酬のもらい方は今回かなり勉強になりました。

前倒しで作業ができたか?

12月決算も、年末調整・法定調書・給報・償却資産も、確定申告の案内も、早い段階から進めていました。

資料としては早い段階で集まったんじゃないかなと。

資料の案内の出し方は、今回はいい反省になりました。

案内を出したはいいものの、過去の資料or来年の資料をいただいたりハチャメチャでした。

来年用の案内のための画像を残しつつ、作業をしました。

また確定申告は1年後なので、忘れないうちに前倒し作業で含めた方がいいもの、外してもいいものは洗い出しておこうと思います。

次へ繋がる仕込みを継続出来たか?

ココが一番の問題です。

次に繋がる仕込みが繁忙期中も継続してできていたかといえば、「ノー」です。

HP・ブログは24時間稼働していますが、情報の更新が完全に途絶えていました。(途絶えていたのは前からですが、さらに。笑)

問い合わせもあったものの、お断りをしなければならない案件もありました。

ありがたいことに確定申告時期にまとまった収入になったので、それはそれでよかったんですが、次に繋がる種まきが出来ていないのが不安です。

次に繋がる仕込みを継続して出来てこそ、安定して経営していけるんだろうなと今回の確定申告を経験して思いました。

まとめ:来年のこの時期どうするか?

来年はもう少し確定申告の受注量を抑えようと考えています。

月次顧問の作業が全く出来なくなる(迷惑をかけてしまう)、やりたいことが全くできない(公私ともに)、次に繋がる仕込みが継続して出来なくなる、自分の今のやり方ではあまりいいことがないなと。

もうすぐ開業して丸2年となります。

売上もまだまだ追いついてきていないですが、もっといろいろ考えていかなきゃいけないなと。

反省をしっかりして、来年の確定申告時期に向けていきたいですね(^-^)

【編集後記】

実はまだ1件終わっていませんが、資料が来ていないのと還付申告なので。。。

終わらせてスッキリさせたかったんですがね。笑

耳鼻科に行って花粉症は「スッキリ」させてきました。

やはり花粉症は市販の薬より、病院の薬に限ります。(;^_^A



確定申告シーズン

クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

アバター

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!