営業の問い合わせ~取材の電話~

お問合せフォーム

HPを公開してから、営業関係の問い合わせが増えてきました。

特に電話での問い合わせが多いですね。(HPには現在電話番号を記載していませんが。。。)

営業電話

HPに電話番号を載せていないのですが、どこからか見つけてかけてきます。

税理士名簿だったり、その他にも載っているところがあるので防ぎようがないと言ったらないですね。(;^_^A

スマホには、電話フィルターのアプリを入れています。

100%の精度ではありませんが、一般的に「迷惑電話」だと思われる番号ものは自動で着信拒否、若しくは着信中に会社名等が出るようになっています。

何件かこのアプリで着信拒否になりました。

アプリの精度を上げるためにも、「迷惑電話」だと感じたら登録するようにしています。

HPからの問い合わせ

問い合わせフォームから営業の問い合わせが来ることもあります。

こちらのブログの問い合わせフォームからは、海外からの営業?迷惑?メールが入っていました。(英語難しいですね。笑)

問い合わせフォームは、こちら側にも変更の余地がありますね。

  • 「営業」はお断りの文言を記載する
  • 問い合わせ内容を「選択」出来るようにする など

この辺りはもう少し改善して、本当に問い合わせが必要なお客様が気軽に「問い合わせ」出来るようにしておくべきですね。

取材営業

電話とHPの問い合わせに「取材」の営業が入っていました。

有名人がインタビュアーになって対談形式で取材をし、雑誌やWEBに掲載しますといったような内容のものです。

たまにネット上でそういった対談形式の広告を見かけますね。

会社名をネットで「検索」させていただきました。

取材といっても、無料で載せてくれるわけではなく、逆に「掲載料」を支払う形になるようです。

問い合わせフォームの内容にはそういった「掲載料」の話は書かれていませんでした。

掲載料が必要ですよ、くらい書いておいて欲しいですね。笑

まとめ

営業は、様々な方法できます。

これからも増えてきそうです。

電話での営業は特に「時間」と「集中力」を奪われるので出来るだけ接触しないように対策を考えていくべきです。

HPの問い合わせフォームも改善の余地あり、です。

《編集後記》

ここ最近、コンタクトレンズで仕事をしていました。

PCの画面ばかり見ていたので目の奥が痛いです。

ブルーライトの影響でしょうか。

普段は、「メガネ」をかけています。

「メガネ」は、ブルーライトカットを入れているのであまり目が疲れにくいように感じます。

とはいえ、もともとのPCの画面を見る時間を減らすことを考えていかないといけませんね。



お問合せフォーム

クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!