会社員

税理士とスーツ(経費になるか、ならないかのお話じゃないよ!)

独立していた時は、ほとんどスーツを着ていませんでした。

勤務に戻った今ですが、クールビズの期間はポロシャツや襟付きのシャツにチノパンスタイルで仕事をしています。

改めて服装について、思ったことを書いてみます。

※アイキャッチは、独立時代のHPのプロフィール用に撮った写真です。(懐かしい。)

そもそもお客さんがスーツを着ていない

大企業の経理部になると、みなさんスーツを着ていることが多いですが、私が担当させていただいている中小企業の社長や経理の方だと、ほぼスーツを着ていません。

ジャケパンスタイルの方や、Tシャツ短パンの方もいらっしゃいます。

事務所に来所いただくときも、あまりスーツの方はいらっしゃいませんね。

事務所にスーツを着てくる方は、システムのベンダーさんや提携している生命保険会社の方、営業に来られている方くらいですね。

清潔感があれば、スーツでなくてもいいのでは?

場面で使い分ける

独立していたときは、スーツを着るときも、ジャケットにチノパンというスタイルも、Tシャツに短パンという時もいろいろでした。

問合せが合って初めてお会いするとき、単発でのご相談、青色申告会に参加といったようなときは、スーツを着ることが多かったです。

ジャケットにチノパンというスタイルは、継続顧問させていただいていたお客様へ訪問する際にはこのスタイルが多かったと思います。

事務所内で終日作業という日は、本当にラフな格好でTシャツに短パンというスタイルでした。

見た目は重要!

初対面での第一印象は「目」からの視覚情報が半分以上です。

スーツであっても、ジャケットにチノパンというスタイルであっても、体格にあったサイズ、シャツがしわになっていないなど、清潔感が重要だと思います。

HPに載せる写真も、スーツかジャケパンスタイルか、も重要だと思います。

HPに載っている写真からスーツ以外で載っていれば、スーツ着ない税理士なんだなとイメージ付けられますし。

独立していた時は、開業当時に撮ったスーツの写真を載せていました。

今では、スーツじゃなくて、Tシャツにジャケットスタイルで撮影すると思います。

クールビズから始めるのがオススメ

所属している事務所では、夏の間(5月1日~9月30日)はクールビズで上着、ネクタイは不要です。

クールビズにあやかって、出社する日はポロシャツ・チノパンです。(ラクですね。)

クールビズ期間でオフィスカジュアルを始めるのがオススメですね。

大きな出費なくオフィスカジュアルに移行できるので。

オフィスカジュアルが浸透してきている今、スーツでなくてもいいのではと思っています。

特に夏の期間は、例えクールビズであってもYシャツにスーツでも暑苦しい感じしますし。。。

事務所の方針もあると思いますが、清潔感があれば個人的には何でもありかなと思っています。

まとめ

今年のクールビズ終了後は、ひとまず上下セットアップのスーツではなく、オフィスカジュアルで行ってみようと思います。(自己責任ですが)

メガネも新調したので、今年はまたイメージチェンジしてみたいと思っています。

↓体型もだいぶ変わってきたので、サイズが合う服がないのもありますし。笑

【編集後記】

金曜日は健康診断でした。

1年前の健康診断で、自分の体重に衝撃を受けてダイエットを決意。

あの時よりはだいぶマシになったかな。

ダイエットは継続中!

目標達成したらブログにしたいですね。

ABOUT ME
よっしー
30代税理士ブロガー。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!