【税理士試験】しっかり受けてこよう!

国税庁HP

明日から税理士試験が行われますね。

8月8日(火)~10日(木)の3日間で行われる税理士試験。

年に一度の試験です。

今までやってきたことを出し切りましょう。

受けましょう!

試験前は体調管理が重要です。

明日からの試験ですが、体調管理は最後まで気を抜かずに行いましょう。

→偉そうに言っている私が少し前に体調を崩して倒れておりましたが。。。(今月の目標は、健康管理です)

仕上がっている人は、最高のコンディションで試験に臨みましょう。

仕上がっていない人も、試験を受けましょう。

受けなければ合格・不合格の土俵には上がれません。

せっかく頑張っていても、試験を受けなければまた1年後になってしまいます。

白紙で出さないようにしましょう!

全くわからない問題が出るときもあります。

全くわからなくても、何か書きましょう。

書いているのといないのでは印象が違います。

回答行に対して1~2行でも、論点がきちんと書けていれば専門学校が出す模範解答通りに書けていなくても合格になります。

法人税を受けた初年度は、理論問題が全く分からず白紙で出したことがあります。

あの時白紙で出さずにしっかり書いていれば、合格は1年早かったかもしれません。(;^_^A

「白紙で出す」、これは合格から遠ざかる行為なのでやめましょう。

アクシデントは付きものです!

試験中には、アクシデントは付きものです。

  • 物理的に座席が狭い(電卓と解答用紙、問題を広げて置ききれない席など)
  • 試験中に近くの人がカンニングで捕まる
  • 緊急地震速報が鳴る
  • 開始1時間で退出する人のために席を立たなければならない(現在は退席不可のはずですね)

上記のアクシデントは、実際に試験を受けていたときに出会ったアクシデントです。

自分のコンディションが良くても、周りでアクシデントが発生します。

アクシデントを気にせず、しっかり集中しましょう!

【税理士試験】試験では様々なことが起きる!

2017.06.13

まとめ

1年間の集大成です。

試験を受け終われば、「解放」されます。

遊んだり、就職先を探したり、自由になる時間が出来ます。

試験を受けるまでは気を抜かずにしっかり受けることに集中しましょう!

《編集後記》

試験を受けていた頃は、試験前日は専門学校に行き、15時くらいで切り上げ湯島天神へ最後のお参りへ行っていました。

信仰が深いとかそういうわけではありませんが、願掛けと気合いの入れ直しで良く利用していました。

今年受験する友人も頑張っているので、いい結果が出るのを楽しみにしています。



国税庁HP

山川喜彰税理士事務所


クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!