SurfacePro用にドッキングステーションを買ったお話

こんにちは!税理士の山川です。

ちょっと夏バテ気味です。(;^_^A

SurfaceProの弱点である、拡張性の弱さを補うために「ドッキングステーション」を購入してみました。

ドッキングステーション

購入したものは、サンワダイレクトから販売されている「ドッキングステーション」です。

SurfaceProのレビュー時にも「拡張性」がないと書いた通り、USBポートが1つ、MiniDisplayportが1つしかありません。

特に、デュアルディスプレーにしたいときや、プロジェクターをつなぎたいときにMiniDisplayportしかないのは使いづらいですね。

純正の「Surfaceドック」もありますが、値段が、、、2万円近くします。(;^ω^)

持ち運ぶには重すぎますし、据え置き用ですね。

その点、こちらのドッキングステーションは、値段が純正の半分以下の7,980円で軽いため、持ち運びにも対応できます。

ドッキングステーションをつなぐことで、HDMI端子でディスプレーにつなぐことができるので、普段使っているディスプレーにもつなぐことができますし。

ドッキングステーションは、LAN端子×1、USB3.1Gen1(充電対応)×3、HDMI×1があり、かなり拡張できます。

ドッキングステーション①

有線LANのほうが安定する場面もあるので、LAN端子を増設できるのはありがたいです。

USBも充電対応になっているので、スマホやモバイルバッテリーを同時に充電したいときにはいいですね。

参照:【レビュー】SurfacePro2017を1か月使ってみて

気になったところ

スマホや電源が必要なデバイスを接続する際、ドッキングステーションにAC電源を接続しないと使えないところが少し気になります。

SurfaceProのAC電源、ドッキングステーションのAC電源、デュアルディスプレーのAC電源と最大3つの電源を使うことに。

HDMIで単純にディスプレーに接続するだけであれば、ドッキングステーションのAC電源は不要です。

Surfaceドックの場合は、1つのケーブルでSurfacePro本体の充電とドックの電源を両方賄うことができるので、デュアルディスプレーのAC電源を入れても2つで済みます。

このあたりは純正でないのでしょうがないですね。。。

また、ドッキングステーションとSurfaceProをつなぐUSBケーブルが、ドッキングステーションに固定されている&短いです。

SurfaceProの足の部分に挟んで使うため、ちょうどいい長さといえばちょうどいいんですが、見た目が窮屈そうです。

ドッキングステーション②

ドッキングステーションに接続するために、USBとMiniDisplayportの2つ埋まってしまいます。窮屈そう。。。

ドッキングステーション③

画面左側に出ているコードは、SurfaceProと接続するためのUSBコード。

固定されているため、取り外せません。。。

持ち運ぶときに地味に邪魔ですね。

まとめ

気になるところもありますが、もともと拡張性は気にしないで買ったので、簡単に拡張できるドッキングステーションには概ね満足です。

会議室で外部ディスプレーやプロジェクターに接続する場面がこれから増えそうなので、購入してよかったです。

《編集後記》

「池の水を抜く」、「クレイジージャーニー」に出演している、爬虫類ハンターこと加藤英明さんが夫婦ともどもお気に入り。

加藤先生の本が出ていたので、思わず購入。笑

「クレイジージャーニー」に出演していた加藤先生は、本当に爬虫類が好きなんだろーなーと思いながら見ていました。

一瞬でトカゲやヘビの種類がわかる、木の上にいる生物を見つける、すごいですわ、ほんとに。笑




クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!