chromeリモートデスクトップを使ってみた

東京ドーム

こんにちは!税理士の山川です。

昨日はとあるブログセミナーに参加してきました。

Windowsのリモートデスクトップを使っていましたが、設定がかなり大変です。

簡単に使えるchromeリモートデスクトップを使ってみました。

設定は簡単

Windows10にも、リモートデスクトップの機能があります。

同一ネットワーク内であれば簡単にリモート接続できますが、外出先のPC→モバイルルーター→事務所PCと、外部から事務所PCへアクセスするとなると難易度が上がります。

そこで、「chromeリモートデスクトップ」を導入してみました。

使い方

googleが提供しているアプリをダウンロードして使います。

  1. chromeリモートデスクトップをダウンロードします。(リモートする側、される側両方に)
  2. 指示に従って進めていくとPINコードの設定を求められます。(PINはきちんと管理しましょう。)
  3. リモートする側のPCのgoogleクロームを立ち上げて、アプリフォルダにある「chromeリモートデスクトップ」を立ち上げ、PINコードを入力すればOK
リモートされる側

リモートされる側は、電源が入っている必要があります。

外出先でリモートする場合には、事務所内のPCが一定時間でスリープモードになる設定を解除しておきましょう。

GoogleリモートデスクトップPIN入力

PINコードは適切に管理しましょう!

chromeリモートデスクトップアプリ

両方のPCにインストール、PINコードの設定が終われば、あとは起動するだけ。

googlechromeにあるアプリから、chromeリモートデスクトップをクリック。

Googleリモートデスクトップメニュー画面

マイコンピュータにあるPCをクリックすると、PINコードの入力。

実際に接続した画面は下↓。

動きは遅め

chromeリモートデスクトップ

左のSurfaceProから右の事務所のメインマシンにリモートアクセスしてみました。

リモートアクセス中は、上下に白い帯が入り全面で使えるわけではないみたいですね。。。

試しにモバイルルーターから遠隔で事務所のPCを操作してみましたが、動作は多少遅くなります。

それでも、外部から事務所のPCにアクセスできるのはいいですね。

  1. 事務所のPCのデスクトップに貼ったままになっている資料を見る
  2. 税務ソフトにアクセスする

複数PCを使っていると、資料をDropboxに入れ忘れたりすることがあります。

そんな時にリモートアクセスできると、事務所PCのデスクトップにあるデータをDropboxへ入れることができます。

また、セキュリティー上、税務ソフトは持ち歩いていないので、税務データの確認・印刷というのはできません。

リモートできれば、これらも出先でできるようになります。

まとめ:リモートはあくまで補助として考える

リモートできると、仕事ができる場所が増えそうですが、そういった目的で導入したわけではありません。

子供ができたりすれば、また変わるかもしれませんが。

現状、あくまで緊急・補助として使うようにしています。

普通にガッツリ使うには動作は遅い、セキュリティーも気になりますし。

  • 外出がある前日には資料の準備をしておく
  • デスクトップ上にデータを置かない→すぐDropboxへ格納する
  • 税務ソフトを外から操作することがないようにスケジュールを組む

等々、リモートに頼らないような環境をあらかじめ作っておくといいですね。

《編集後記》

セミナーに参加し、ラクーア、東京ドームを抜けて帰りました。(アイキャッチの画像です。)

とあるグループのライブだったんですね。

来月は、安室奈美恵さんのライブに妻と初参戦します(^^)/

Xperiaで予習中です笑



東京ドーム

山川喜彰税理士事務所


クラウド会計が得意な税理士です!

クラウド会計が得意な30代若手税理士が直接対応いたします。士業・フリーランス・中小企業のサポートを得意としています。


ABOUTこの記事をかいた人

港区に事務所を構える、板橋区在住の税理士です。お客様の成長を税務・会計・ITなどを通じてサポートいたします。ブログでは、自分自身が楽しんだこと、役に立ったことなどを中心に書いています。記事が少しでも誰かのお役に立てればと思っています!